NEWS
2017/6/14

キャンプ体験ができる日本で唯一のサービスエリアを知っているか?

キャンプ体験ができる日本で唯一のサービスエリアを知っているか?

アメリカ生まれのキャンピングトレーラー、エアストリーム。キャンプ目的はもちろん、カフェで使われたり、コマーシャルカーとして街中を走ったりと、ひと際目を引く存在だ。そんなエアストリームが東名高速道路の東京方面へ向かう上り線の足柄サービスエリアの一角にあることをご存じだろうか?
昨年8月にオープンした「エルコリーナ」は、今年8月31日までの期間限定のグランピング体験施設だ。設置されているエアストリームをはじめとしたトラベルトレーラーやグランピングテントには実際に宿泊することができるという、高速道路上としては初の試みとして話題の施設なのだ。
まずエルコリーナの敷地に入ると、1961年式24フィートのエアストリームが出迎えてくれる。ここは事務所になっていて、宿泊者はここで手続きを行う。事務所といってもフルレストアされ、’70年代を思わせる内装になっている。
宿泊できるトレーラーはそれぞれ、エアストリームがサーファーのライフスタイルに合うようなもの、ビッグサイズのトラベルトレーラーはゴージャスで大人な空間、コテージ風のトレーラーハウスはシンプルでエコな暮らし、といった異なるコンセプトのもとで空間作りをしている。
このエルコリーナはあくまで体験施設なので、水道やガスが使えないなど実際のキャンプとは異なる部分があるが、トラベルトレーラーの楽しみ方や、雰囲気を味わえ、何よりこうしたカルチャーがあることを多くの人に訴求するという役割を果たしている。ちなみにこちらに設置されているトレーラーは購入することも可能だ。気になっている人はぜひとも泊まって、特別な時間と空間を楽しんで、愛車選びの参考にしてほしい。
イベント終了の日が迫っているため早めにご予約を!

スペイン語で「丘」を表す「エルコリーナ」は、東名高速道路上り、足柄サービスエリア内にある8月31日までの期間限定体験型グランピング施設。施設内には3台のトレーラーハウス、7棟のグランピングテントを備える

問い合わせ/
エルコリーナ TEL:080-4074-0066 http://el-colina.jp
トレーラービレッジ TEL:048-954-6420 http://t-village.co.jp

入口のところに鎮座する1961年式24フィートのエアストリームは事務所となっている。内装はレストアされ、’70年代な雰囲気に

サーファー向けにカスタムしたビーチスタイル。
AIRSTREAM“BEACH”

1974年式のヴィンテージエアストリームをフルカスタム。サーファーがビッグウェーブを求めて旅する時のベースキャンプとして使っていそうな雰囲気の内装になっている。就寝スペースはシングル2段ベッドと、エンド部分に備えられたソファとテーブルを組み合わせることで、ダブルベッドにもすることができる。27フィートのロングボディの一画にはサーフィンをしてそのまま入れるような、広いシャワールームが設けられている(現状はディスプレイ)。1台貸し4名までで、1泊3万円。土日祝、繁忙期は3万8000円。車体の販売参考価格は800万円

必要最小限のものでまとめたシンプルな内装だが、ヘリンボーン式の床やウッドを多用したファニチャーで大人な雰囲気にまとまっている

サーファー向けを意識したというだけにシャワールームにはこだわりが。猫足付きのバスタブを備えるなどの遊び心も満点

海をイメージし、ブルーを基調としたソファは、中央のテーブルの高さを調整し、クッションを組み合わせることでベッドになる

サイドの窓際にはインテリアにもこだわったカウンターが設けてあり、森を眺めながらゆったりした時間を過ごすことができる

豪華なソファが並ぶラグジュアリーな別荘トレーラー。
TRAVEL TRAILER “KAKUREGA”

少しセレブなキャンプを味わいたいなら、こちらのトレーラーがオススメ。ヨーロッパ調のインテリアを使ったゴージャスな室内と、広々としたリビングで開放感のある大人の居住空間になっている。ベースとなっているのはアメリカ製のトラベルトレーラーで、日本でもけん引して走れる仕様。宿泊する際、リビングが電動で広がるタイプの「トランスフォーミングトレーラー」だ。宿泊は2~4名で1泊3万円。土日祝、繁忙期は3万8000円。車体の販売参考価格は600万円。他の施設も同じく、宿泊するとSA内の温浴施設が利用できる

トレーラーの中とは思えないような豪華な車内。冷蔵庫、キッチンなどを始め、座り心地抜群のソファも備えている

室内は高気密、高断熱壁構造になっているので快適に過ごせる。ベッドやソファは上質なものが設置された極上のくつろぎ空間になっている

エルコリーナは宿泊体験施設のため、水道やガスは使用不可。トイレなどはサービスエリアの施設を利用することとなる

タイヤは付いているけれど、もはや“家”。
TINY HOUSE “SOPHIA”

タイヤが付いていることを除いては、もはや家にしか見えないトレーラーハウス。外壁に高級天然木であるウエスタンレッドシダーを使うなど、本格的な建築材料で建てた家を汎用のトレーラーシャシーに組み付けている。内装はいたってシンプルで、木のぬくもりと香りを感じられる空間になっている。定員は4名までで、宿泊料は1泊3万円。土日祝、繁忙期は3万8000円。車体の販売参考価格は800万円となっている

森の中のコテージのようなシンプルな室内。奥にはシャワールームが完備されている(使用不可)。サイズはコンパクトだが、空間を有効に活用している

トレーラーハウスの半分はロフトになっており、2人寝れるスペースが確保されている。三角屋根をもった家型のタイプならではの装備だ。また、1階にあるソファの座面を引き出すことで、さらに2名分のベッドを作ることができる

Lightning 2018年11月号 Vol.295

最新号

Lightning 2018年11月号 Vol.295

¥980(税込)
2018.09.29発売