NEWS
2017/11/22

今年は開催時間を延長! プラス1時間でさらに何する?【稲フェス2017 in お台場】

今年は開催時間を延長! プラス1時間でさらに何する?【稲フェス2017 in お台場】

プラス1時間を有意義に過ごそう!

「もっと見たかったのに、まわりきれなかった……」

そんな声にお答えして、13回目を迎える今年は開場9時30分、そして閉場が16時30分と時間を拡大! さらにパワーアップした『稲妻フェスティバル(通称:稲フェス』で、見逃しがちなおすすめコンテンツをこっそりご紹介!

さぁ、長くなった1時間であなたなら何をする?

 

誰でも参加できるアームレスリングに挑戦!

プロのアームレスラーのパフォーマンスとともに、一般のトーナメントを開催! 応募方法は当日、アームレスリングブースでエントリーするだけ。エントリー開始時間はHP(http://www.inazumafestival.com/contents/)にてアップ予定なので要チェック!

 

好きなアイテムにピンストしてもらおう!

『稲妻フェスティバル』は毎年ロゴが違うのだ。実はコレ、日本を代表するピンストライプアーティスト、KEN THE FLAT TOPさんがデザインしてくれたもの。稲フェスらしさはもちろん、ピンストライプの繊細なタッチも表現された素敵な仕上がりに! 好きなアイテムを持ち込めば、当日はKENさんほか、人気のピンストライパーたちがブースでペイントしてくれるので、ぜひお試しあれ!

▲昨年のイベント時のKEN THE FLAT TOPさん。先着順で名前や好きなデザインをお財布やヘルメットなどのお気に入りのアイテムに描いてもらえるので、気になる人はこの機会にぜひのぞいてみよう!

 

あなたがライトニングの表紙になる!?

ライトニングをはじめ、クラブハーレーのブースでは、オリジナルアイテムや子どもも楽しめるイベントを開催するほか(写真)、毎年恒例の表紙撮影も予定している。この機会にぜひ覗いてみよう!

 

アビレックス『メッサーシュミット』で記念撮影!

小学生以下限定で、スペシャルノーズアートペイント入りの『メッサーシュミット』に乗って写真が撮れるブースも登場。子どもは大興奮間違いなし!

 

稲フェス限定品をゲットしよう!

憧れのブランドが軒を連ねる「グランドマーケット」に、アメリカン雑貨やファッション小物、バイク用品など様々なショップが並ぶ「マーケットストリート」。そんなショッピングが楽しめるブースでは様々な稲フェス限定アイテムを用意している。

例えば、新作から定番ジーンズを扱う『アイアンハート』では、ジーンズやシャツを買うとオリジナルデニム袋がもらえたり、バイカーのためのオリジナルサングラスを中心に扱う『EYEWEAR PROSHOP AZ』では、稲フェス限定カラーレンズモデルなども販売! ここでしか手に入らないアイテムをゲットするのもまた楽しい。

例年より1時間拡大した今年の稲フェス。グランドマーケットやマーケットストリートでもう1着買うもよし、フードコートでデザートを食べるもよし、記念にワークショップを体験するもよし。いつもよりゆっくりじっくり会場を巡って、今まで以上に有意義な時間を楽しもう!

 

 

Lightning 2018年1月号 Vol.285

最新号

Lightning 2018年1月号 Vol.285

¥999(税込)
2017.11.30発売