NEWS
2017/6/14

いま巷で話題のキリム専門店へ行ってみた。

いま巷で話題のキリム専門店へ行ってみた。

キリムの専門店として1997年にオープンしたのが東京・恵比寿にある「マンモスイスタンブル」。店内は40年前以上のオールドキリムと80年前以上のヴィンテージキリムを中心とした品ぞろえで、その質、量とも愛好家をうならせるほど。ライフスタイルに合わせて選べるサイズ展開、買った後のリペアなどのサービスも充実している。近年じわじわと人気が出てきているということだが、そもそも「キリムって何?」というところから、その魅力に迫ってみよう。

 

遊牧民族の工芸品としてスタート。

キリムとは、旧オスマン帝国の領土であったトルコから中央アジアにかけて住んでいる遊牧民の工芸品としてはじまったそう。地域ごとに細かな特徴があり、キリム上級者になると、ひと目見ただけでどこの地域で作られたのかが分かるそう。たとえば、このオールドキリムのようなクリエイティブな柄は時間をかけて羊毛から作り出すため、希少価値が高く価格もやや高めに設定されている。

モチーフを知るともっと楽しい。

抽象的なパターンが多いキリムだが、様々なモチーフを発見することができる。それもまた面白さのひとつ。女性が織っていることもあり、動物や植物だけでなくアクセサリーといった可愛らしいモチーフもある。代表的なものをいくつかピックアップしてご紹介。実に奥が深い世界だ。

 

1.スコーピオン

エジプトでは守護神の意味があるというサソリをモチーフにした柄で、このほかにも様々なデザインがある。実際のサソリとは反して可愛らしい印象

 

2.ウルフマフ

キリムの中でも人気のモチーフのひとつ。狼の口をイメージしたというウルフマフ。赤と青のコントラストが絶妙。様々な色を合わせて織って実に複雑

 

3.スター

スターも様々なデザインがあり、人気の柄のひとつ。こちらはたくさんの色を使った複雑なデザインで職人の技が光る

 

4.髪飾り

基本的にキリムを織るのは女性の仕事とのこと。髪飾りなど女性ならではの視点で使われるモチーフもある。美しい色使いと織り目にも注目したい

 

店内にはキリムだけでなく、同じ地域で作られた絨毯などもセレクトしている。敷物としてだけでなく、壁にかけたりインテリアのアクセントとしても使える。ジュエリーデザイナーである稲垣さん、トルコ人バイヤーのアリさんの審美眼を楽しんで。

 

マンモスイスタンブル

東京都渋谷区東3-15-2 渡辺ビル1F TEL03-5466-0734

12 時~19 時 不定休 http://www.m-istanbul.jp

 

 

このほか、ガイドブックには載っていないディープな東京を知りたいなら好評発売中の「Lightning 2017年3月号」をチェック!

https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/lightning-429754/

 

Lightning 2017年11月号 Vol.283

最新号

Lightning 2017年11月号 Vol.283

¥999(税込)
2017.09.30発売