NEWS
2017/6/14

アンティークな新築住宅に暮らすという選択。

アンティークな新築住宅に暮らすという選択。

欧州には文化財として守られる旧き街並みがある。人々が暮らしてきた証でもあるその景観は、どこか懐かしく温もりを感じる。そのスタイルを新築住宅で再現するのがラ・フェルムである。そこで今回は、ラ・フェルムが得意とする“古材”を使った新築住宅を紹介しよう。

 

岐阜県瑞穂市にあるこちらの住居は、周辺の住宅地の中でもある意味、異彩を放っている。それは北米産のバーンウッドと呼ばれる古材を外壁に使った、旧びた外観が醸し出す、アンティークな佇まいにある。そんなバーンウッドを外壁一面に一枚一枚張り付けており、独特な色変化を起こしたその木材の表情をランダムに配置することで、単なる古ぼけた見た目とはならず、程よく旧さを感じさせつつ温かみのある独特な雰囲気を醸し出している。
元々オーナーはログハウスを建てたかったそうで、実際に家を建てる際、ラ・フェルムの新築住宅と出会い、そのイメージしていたログハウスの佇まいを感じさせる住居として、今建っているこの家屋をデザインしてもらったそうだ。
そういったログハウスのイメージは古材を使用したウッディな外観だけに留まらず、実は内部にもしっかりと反映されている。
それは家族が集まる1階のリビング部分がオープンな吹き抜け天井となっており、それにより2階部分のロフトスペースとひと繋ぎの構造となっている。また室内空間は無垢の木材を使用しており、その吹き抜け構造と相まって、非常にリラックスできるログハウスを感じさせる空間へと仕上がっている。

左/二つとない個性豊かな表情を見せるバーンウッドの外壁。100 年以上経過したその表情は、味わい深い凹凸やシルバーグレーの色合いが魅力である。右/屋根のあるバルコニー「カバーポーチ」も特徴のひとつ。ベンチを設置して家族の集まる空間として活用できる。

吹き抜け天井には欠かせないシーリングファンをデザイン。部屋の空気を撹乱させ部屋内部の温度差を減らし、快適な室内温度を保ってくれる。

問い合わせ/ラ・フェルムサポートセンター TEL03-6225-2707  http://laferme.jp/

Lightning 2017年11月号 Vol.283

最新号

Lightning 2017年11月号 Vol.283

¥999(税込)
2017.09.30発売