NEWS
2017/6/14

デウス エクス マキナがあの名車をカスタムすると……

デウス エクス マキナがあの名車をカスタムすると……

デウス エクス マキナが手掛けた新たな車両が面白い。現代的なフラットトラックレーサーのエッセンスを取り入れたスタイルだが、まったく新たなカタチを提案しているのが面白い。ベースはホンダのネイキッドバイクであるVTR250。通常ではストリートのカスタムベースとしてはあまり使われない車両をチョイスするビルダーのセンスもまた面白い。ビルダーはデウス エクス マキナ原宿店のカスタムバイクを一手に担うマシュー・ロバーツ。彼自身日ごろからオフロードやダートトラックに興じているため、今回のカスタムにはより力が入ったという。

「ベース車両はVTR400とも迷ったんだ。でもダート性能や街乗りなどのフレキシブルさを考えてVTR250に決めたんだよ」

驚くことに、ここまでモディファイが施されているが、リアのサブフレームを取り外しただけで、一切チョップしていない。そんな扱いやすさもベース車両に選んだ理由のひとつだという。カラーリングは、デウス エクス マキナの今年の春夏コレクションからインスパイアされたという色を’70年代レーサー風にペイント。フレームはウォームグレーを使い、温かみのある雰囲気に仕上げている。現代的なスタイリングにクラシカルな外装を纏ったVTR250は、現在デウス エクス マキナ原宿店に展示中。販売も行っているため、気になる人はぜひ足を運んで頂きたい。

Honda VTR250
“SOUTH PAW”
by Deus Ex Machina

FRPで製作した外装は、水平なトップラインを持つ美しいシルエットが特徴的。トラスフレームが持つ現代的な印象と、’70年代のレースシーンを感じさせるカラーリングという、新旧の要素を有するスタイルがデウス エクス マキナらしい印象に。価格は185万円

(オーダーに関してはメールにてお問い合わせを。residence@jp.deuscustoms.com)

ゼッケンプレートの下部にはLEDヘッドライトを埋め込む。存在感を薄くすることでレーシーな顔つきを生み出している

ローターはブレーキング320mm、キャリパーはブレンボで制動力を強化。タイヤはメッツラーのSPORTEC M7 RR

トラッカーらしい印象を決定づけるワイドなハンドルバー。極力シンプルなハンドルまわりはお約束のカスタムスタイル

エキパイは短く、サイレンサーも太くコンパクトにデザインすることで、ストリート感のある雰囲気に仕上げた

アルカンターラ生地を使ったシートを外すと給油口が現れる。ガソリンタンクはエンジン上からシート下に移設している

テールランプはシートカウルの下にレイアウト。ナンバープレートもこの部分に設置する予定なのだとか

本来のデザインを活かしながら、バックステップからミドル位置に変更している。言われなければ気づかない職人技だ

マシュー・ロバーツ

今回の車両はもちろんデウス エクス マキナ原宿店のカスタムバイクを一手に担うディレクター。大柄な体格ながらも繊細な仕事に定評あり。気さくな人柄なのでショップで見かけたらぜひ声を掛けてみてはいかが。

問い合わせ/ DEUS EX MACHINA HARAJUKU
TEL:03-5413-3949 http://deuscustoms.com

Lightning 2017年11月号 Vol.283

最新号

Lightning 2017年11月号 Vol.283

¥999(税込)
2017.09.30発売