NEWS
2017/10/06

都会を駆け抜ける“アーバンオフローダー”って何だ!?

都会を駆け抜ける“アーバンオフローダー”って何だ!?

世界が注目している“アーバンオフローダー”

現在、スクランブラーをはじめとした世界中で流行しているオフロードスタイル。そもそもは悪路を⾛るために生まれたれたスタイルだが、近年ではその軽量なボディとレスポンスのいいエンジンが織り成す乗り味で、混雑した街中を軽快に⾛る抜けるための車両として注目されている。

そんな都心部で乗られるオフロードバイク(もしくはそれに乗る人)はアーバンオフローダーと呼ばれているのをご存じだろうか。そこで今回はインスタでも⼈気の横町健さんのアーバンオフロードライフを紹介しよう!

 

ブラックペイントを基調にフルカスタム!

参宮橋と学芸大学、中野新橋にあるアネアカフェを運営する傍ら、近年人気を集めている塊根植物の第一人者としても知られる横町さん。大のクルマ好きとしても知られるが、実はバイクフリークでもあり、今まで所有してきた愛車は50台を超えるとか。現在の愛車は、ホンダのシルクロードと渋めのチョイスだ。

「クルマもバイクも旧いものが好きなんですが、市場価値が定まっている人気モデルにはあまり興味がなく、マイナーモデルに惹かれます。そういうバランスで考えるとホンダのシルクロードってちょうどいい立ち位置で。たまたま中古でいいベースを見つけたので、それを世田谷にあるイージーライダースでフルカスタム。オフロード寄りなイメージから街っぽい雰囲気に仕上げてもらいました。全然カスタム代の方が高くつきましたけどね(笑)」

 

かっこよく軽快に走れるのが魅力

「これは都内専用で使っていて、ちょい乗りに最適なサイズ。今は参宮橋のアネアカフェを拠点に、植物の事務所がある代官山、ライフワークとしている柔術の道場カルペディエムがある青山の間を移動するのにちょうどいいんです。バイクだから渋滞は関係ないし、ある程度荷物があっても大きなバッグで対応できてしまいますから。大型車にはない軽快さが魅力ですね」

 

横町さんのカスタムに注目!

運転しやすいようにアップハンドルにカスタム。グリップ部分をシートと同色するなど、カラーリングにこだわり、マイルドな印象に仕上げている。

ネットで見つけたというコブラシート。詳細は不明だがデザインがお気に入り。ブラックだとハードすぎるので、ブラウンカラーをアクセントに差し込んだ。

エンジンは250㏄で4ストローク4バルブSOHC単気筒エンジン。マフラーは小径のスーパートラップに変更していて、心地よいサウンドを奏でる

 

愛用バイクに乗る時の横町さんの必需品とは?

趣味が仕事に発展した植物を始め、その目利きぶりにも定評のある横町さん。バイク関連の愛用品にもそのセンスの良さが出ている。アメリカ物が好きなので、レアなヴィンテージヘルメットから、バッグ、グローブまですべて米国のブランドをセレクトしている。

アメリカを代表するヘルメットメーカーであるベルがリリースしていたモト3とモト4はヴィンテージを所有。右のヘルメットのみリプロダクト。

アメリカ製のグローブは、ヴィンテージショップで見つけたもの。量販店などで売られていたものに、名もなき企業がプリント。チープさがお気に入り。

こちらはカリフォルニアのタクティカルメーカーであるハザード4のコンバットカメラマン仕様のバッグ。スピーディに内部へアクセスできる作り。

近年ではアーバンオフローダーたちが日本各地でのんびりオフロードを楽しめるイベントも増えてきているという。オフロードバイクは郊外で使うイメージがあるが、カスタムひとつで街でも快適に走れるアーバンオフローダーに変貌! 軽快で道なき道を進めるオフロードバイクを颯爽と都会で便利に乗りこなして、あなたもおしゃれにモーターサイクルライフを楽しんでは?

 


 

『Lightning 2017年11月号 Vol.283』より抜粋

Lightning 2017年11月号 Vol.283

最新号

Lightning 2017年11月号 Vol.283

¥999(税込)
2017.09.30発売